「郡山」のご当地ナンバーが来年から始まる!

ウイーン

平成25年8月2日に、
「郡山」のご当地ナンバーを導入することが決定したと、
国土交通省が発表しました。

平成26年度中に始まるそうです。

これで、福島県のナンバーは、
福島、いわき、会津に続いて、
4つになります。

地元の活性化につながればいいのでしょうけど、
全国的に見て、「郡山」の地名はどうなんでしょ?

小・中・高生の合唱が盛んなので、
「東北のウイーン」を自称してますけど、
どうせやるなら、「日本のウイーン」を目指すくらいでないと。

そうなれば、
「郡山」を、どうどう冠しても
いいと思うのですが。

まぁ、希望ナンバーの抽選が通りやすくなるのは、
いいことかな?


話はそれますが、
ナンバーで思い出したことを一つ。

原発事故直後は、
「福島」ナンバーで県外に行くと、
いたずらされたなどということも聞きましたし、

「放射性廃棄物を積んでいるのでは」と、
近隣住民から苦情が来るので、
取引を停止させられた運送業者や産廃業者もありました。

そういう事情があるから、
他県ナンバーに変える特例はないかと、国交省に問い合わせても、
「そんな制度はないし、前例もないから」
と、けんもほろろに断られたという話も聞きました。

もっと早く導入されていれば、
風評被害も、少なかったのもしれないと思ってしまいます。

コメントを残す

*

このページの先頭へ